みなべのウメタ 九州の被災地へ梅干し送る

 みなべ町山内、梅干し製造の㈱ウメタ(泰地祥夫社長)が、豪雨による被害が甚大な九州の被災地に梅干しを届けようと、民間ボランティア団体の紀州梅の郷救助隊(尾﨑剛通隊長)に託した。

 ウメタの業務企画室の泰地雄也室長(36)が中心となって、「被災者の力に少しでもなりたい」と梅干しを贈ることにした。過去の災害でも被災地に梅干しを贈っており、喜ばれたことがボランティアの原動力となっている。

 送り先については、被災地へ駆けつけて支援活動を展開し、全国各地にネットワークがある梅の郷救助隊に協力を依頼し、個包装の梅干し4000個を尾﨑隊長に手渡した。

 救助隊は今回、九州行きを考えたが、新型コロナウイルス感染予防のため出動を控えている。梅干しは、つながりのある知人を通じて熊本県と大分県に送る手配を済ませた。

 泰地室長は「梅干しで被災者の皆さんが少しでも元気になってもらえればと思います」と思いを込め、尾﨑隊長は「和歌山からも応援しているという気持ちを届けたい」と話した。

写真=ウメタから預かった梅干しの発送作業を行う尾﨑隊長

関連記事

フォトニュース

  1. 江戸時代はこんな感じだった?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  2. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  3. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  4. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  5. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る