ふとんのダイワセンイ 10日~14日まで開催 もったいないフェア

 5年以上愛用してきた羽毛ふとんが汚れたり、ボリュームがなくなったりしていませんか。そんなふとんをこれからも大切に使いたい人必見! ふとんのダイワセンイでは10日㈮から14日㈫まで、「もったいないフェア」を開催します。

 期間中にふとんを持参すると、羽毛診断士が無料で診断してくれます。足し羽毛が必要と診断されれば、えり元・足元に、羽毛を40㌘(通常1万円)足して、丸ごと水洗い(通常3980円)。これらのメンテナンスが、合計で1万4780円のところ、3980円(ダブル4980円)の大特価。驚きの価格で、見えない汚れもスッキリふっくら! 70人限定(1家族2枚まで)。前日までの要予約。

 ほかにも羽毛ふとんの側地が傷んでいたり、サイズを変えたい人に、「羽毛リフォーム」はいかがでしょう(シングル1万9800円~)。新品に買い換えたい人は、古い羽毛ふとんを5000円で下取りしてもらえます。価格はすべて税別。

 「愛用の羽毛布団をぜひこの機会にお持ち寄りください。他店でお買い上げの布団でも大歓迎です。布団の傷みや汚れだけでなく、8年以上前に購入したという方は、ぜひ気軽にご相談ください」。

写真=羽毛のプロが診断してくれます

関連記事

フォトニュース

  1. 江戸時代はこんな感じだった?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  2. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  3. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  4. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  5. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る