はじまりの花火 御坊でも打ち上げ

 公益社団法人日本青年会議所(JCI日本)が企画した全国一斉花火プロジェクトが24日夜、国内約120カ所で行われた。新型コロナの感染拡大で延期となった東京五輪開幕まで1年を切り、閉塞感漂う社会を少しでも明るい気持ちで乗り越えようと、和歌山県内は御坊市と有田川町の2カ所で実施。「あたらしい日本をはじめよう」を合い言葉に、御坊では75発が打ち上げられた。

 プロジェクトは、JCI日本、47都道府県のブロック協議会、各地の青年会議所などが全国の花火業者と連携して開催。24日は本来、オリンピックが幕を開け、世界中が熱狂し、新しい日本が始まる日だった。その日に「あたらしい日本をはじめよう~はじまりの花火~」と題し、新型コロナの終息、落ち込んだ経済の復興、人々の気持ちの励ましなどの願いを込めて、全国120カ所で花火が打ち上げられた。

 和歌山県では、JCI日本近畿地区和歌山ブロック協議会(小池知明会長)とともに、県内8つのJCのうち御坊青年会議所(中村英貴理事長)が御坊市塩屋町、有田青年会議所(岡田浩儀理事長)が有田川町で実施。御坊市は塩屋町北塩屋の日高川河口南約200㍍で75発を打ち上げた。新型コロナ対策の3密回避のため、打ち上げポイントは事前に公表せず、雨まじりの強い風が吹く悪コンディションだったが、午後8時から数分間の打ち上げの間は雨もなく、無事に終了した。

 中村理事長は「打ち上げの直前まで降っていた雨が花火の間だけやんで、みんなの願いが届いたのだと思いました。無事に打ち上げることができてよかったです」と話していた。

写真=御坊市塩屋町の日高川河口で打ち上げられた花火(美浜町浜ノ瀬から撮影)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る