とりあえず迷ったらGO

 人生にはいろんな場面で選択が付きもの。それが「今日のお昼に何を食べようか」という日常的なことであっても、「どの職業に就くか」という大きな決断であっても、一つ一つの積み重ねが、その人の未来を紡いでいく。

 先日、御坊市内の家具屋でフレンチカントリー風のおしゃれなローテーブルを発見。定価6万円程度の品物が、少しキズがあるということで1万円代の格安に。ちょうどローテーブルを探していたところで、イメージしていた引き出しもあり、一目で気に入った。買おうかどうか迷ったが、もっと安いのがあるのではと、つい貧乏性が出てしまい、その時は買わずにネット検索。全く同じ品物を見つけたが、価格は3万円前後で結構高かった。

 といったわけで「傷ものでも安い方がいいだろう」と2日後にその家具屋を訪れると、なんと売却済み。買う気満々だったのでこのショックはなかなかのもの。先に買った人は全く悪くないが、発見したお宝を横取りされたような気分。「どうしてあの時買わなかったのか」と悔やんでも、もう手遅れ。それでも一度火が付いた購買意欲は消えることなく、結局ネット通販で同じ商品を割高で買うことに。「傷ものよりも、どうせなら新品の方がいい」と自分を納得させているが、懐は一気に寒く、やるせない気分はぬぐい切れない。

 この選択が、人生にどれほどの意味を持つのか、それは分からない。ただ、その場で即決して購入していれば悔しい思いはしなくてすんだ。そういえば中学校の恩師が言っていた言葉を思い出す。迷ったらGO…例えささいなことの選択でも、決断力の大切さをあらためて感じる。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 江戸時代はこんな感じだった?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  2. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  3. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  4. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  5. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る