さくらサーカス印南公演

 少し記憶があいまいだが、十数年前に和歌山ビッグホエールで海外のサーカス団の公演を見たことがある。それまでテレビで観たことはあるが、生は初めて。空中ブランコや動物のショーなどが迫力満点で、見入ってしまった。

 現在、国内には「木下大サーカス」や「ハッピードリームサーカス」などの大きなサーカス団があるが、そのハッピードリームサーカスから独立し、印南町に拠点を置く「さくらサーカス」が23日、同町宮ノ前の特設テントで旗揚げ公演を行う。すでに記事でも紹介した通り、南米コロンビア共和国出身のアラン・マルチネスさんが経営するサーカス団で、妻の小深田尚恵さんと0歳から24歳までの子ども合わせて14人という大人数のサーカス一家。他の家族やスタッフも入れると、サーカス団は24人おり、小深田さんが「みんなが家族」と話していたのが印象的。これまでにも世界のサーカスフェスティバルで最高金賞を受賞するなどその実力は高く評価されており、団結力の強さが、ステージでの素晴らしいパフォーマンスにつながるのだと思う。時には厳しい指導もあるだろうが、命にかかわるショーだけに、常に真剣勝負で臨んでいるのだろう。

 マルチネス一家は印南町に7年前、高速ICが近く、環境のよさが気に入って土地を購入して移住。今回の公演に際して、特設テントを建てる用地は、地元企業から安く貸してもらっている。「お世話になった印南町に恩返ししたい」。そんな思いの旗揚げ公演は、10月11日まで開催しており、生でサーカスが観賞できるチャンス。コロナ禍の暗いムードを吹き飛ばすような、夢いっぱいのステージに期待したい。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. どう?きれいに染まってる?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る