「50年に一度」はもはや毎年

 3日からの雨で、全国各地で河川の氾濫や家屋の浸水、土砂災害が起こった。特に九州の被害が甚大で、7県で74河川が氾濫し、住宅地に濁流が流れ込んだ。この被害をもたらしたのは、活発化した梅雨前線。水蒸気を大量に含んだ温かい空気が南から流れ込んだことで、各地で積乱雲が発達。線状降水帯が形成、九州南部にかかり続け、記録的な大雨となった。

 4日の早朝、テレビをつけると熊本、鹿児島両県に大雨特別警報が出ていて、「ただちに命を守るための最善の行動を」と繰り返されていた。「大雨特別警報」は、従来の気象警報の発表基準をはるかに超える豪雨が予想され、広い地域で50年に一度という激しい雨が続く場合など、過去に大きな被害を出したような災害が起こる可能性が著しく高い時に出される。異常事態を伝えるため2013年8月に導入されたが、導入から毎年国内のどこかの地域で発表されており、今回は、福岡、佐賀、長崎、岐阜、長野でも発表。福岡はこれで4年連続となった。

 昔と比べ、豪雨災害のリスクが高まっている要因の一つとして地球温暖化が挙げられている。海水温の上昇も台風などの発達に影響し、50年に一度だった規模の豪雨が頻発。今後も避けられないだろう。

 今回起こった災害は、日本中どこででも起こりうる。「命を守る行動を」と言われたとき、近所の避難所にただ行けばいいわけではない。住む地域や周りの状況、家族の状態など様々で、個々の的確な判断が必要になる。日高地方でも降り続いた雨で山は水を含み、川は増水しているが、天気予報にはまだしばらく雨マークが並ぶ。安全に過ごすための選択肢や必要な備え、避難ルートなど、今一度確認、検討してみよう。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る