「2番打者最強説」に注目

 プロ野球が開幕して、20日が経過。無観客の球場に響く打球音や捕球音に新鮮な感じを受けながら、また野球を観戦できる喜びを感じながら、中継のある夜はテレビのチャンネルを合わせている。新型コロナウイルス感染症の影響で約3カ月遅れの開幕。少しずつ野球熱も戻ってきた。

 開幕日、各チームの先発メンバーを見てみると、2番打者にどんなタイプの選手を起用しているかに大きな違いが見られた。2番といえば、バントやヒットエンドランなど小技が得意で、選球眼もいい選手の指定席。それが、何十年も前から当たり前だったと思う。ところが、最近はメジャーリーグの「2番打者最強説」が日本でも定着。主砲の定位置ともなりつつある。

 2番に一発のある打者を並べたのは、巨人(坂本勇人)、ヤクルト(山田哲人)、中日(平田良介)、日ハム(大田泰示)、オリックス(ロドリゲス)の5球団といったところか。ここ数年の一番の成功例は昨シーズン、セ・リーグを制した巨人の2番・坂本だろう。

 個人的には、2番に強打者を起用する方が好き。初回に2番から続けてホームランバッターと対戦するのは投手にとってすごいプレッシャーになるはずだ。それに、もし3、4点追いかける形になったとき、9番と1番が出塁したケースでバントを挟んでアウトを与えなくて済み、一気に反撃できるメリットが大きい。野球は結局、得点しなければ勝てないので攻撃型の2番最強説の方が理にかなっていると感じる。

 あれこれ頭を使って楽しめるのも野球の魅力の1つ。再び2番最強説がうまくいくのか、それとも新たな采配が生まれるのか。注目していきたい。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る