3年生が目標持つ機会を

 3月に参加する予定だった、由良町から湯浅町までの海岸線を走る第1回紀の国醤油ロードマラソンの参加賞が、1日に届いた。10年ぶりに参加した2月の口熊野マラソンハーフの部に続く目標として自主トレに力を入れていたが、新型コロナウイルスの影響で中止。スポーツ大会も軒並み中止となり、次の目標が定まらず、ランニング練習もついさぼりがちになってしまう。目標を持つことがどれだけモチベーションを上げてくれるか、しみじみと感じているコロナ禍である。

 全国的に1日から学校が再開された。通学路に子どもの姿が戻ると、それだけで少し元気になれる。これまでも登校日や分散登校で学校に行くことは慣れていただろうが、中高生にとっては部活がようやく再開されることがこれまでと大きな違いではないだろうか。だからこそ、3年生には気の毒でならない。中体連全国大会、インターハイ、甲子園が中止され、目標にしていた選手の思いを考えるといたたまれない気持ちでいっぱい。目標を失って、勉強にも影響が出ないだろうか、心配だ。

 第2波が懸念され、今後の県内の状況にもよるが、可能ならば高校野球県大会、他の競技も3年生が真剣勝負できる機会ができないか。それでも3年生の心を救いきれないだろうが、小さくても目標を持てる場面を作ることは教育にも大事なこと。勉強は大切、だが勉強だけではない。スポーツでも文化でも、部活を通して技術を高め、仲間との絆を深める、学ぶべきことは多い。これまでの努力は絶対に力になっているが、それを発揮する舞台を作ってあげられないか。実現可能か、どのような方法があるか、検討してほしい。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る