高校野球県独自大会 7月18日開幕

 新型コロナウイルス感染症の影響で第102回全国高校野球選手権大会・同和歌山大会が中止となったことを受けて開催される「2020 夏 高校野球和歌山大会」の組み合わせ抽選会が26日、和歌山ビッグ愛で開かれた。昨年同様に39校が出場するトーナメント戦は7月18日、南部龍神―耐久のカードで開幕。3年生区切りの夏の熱戦が繰り広げられ、順調にいけば8月5日に決勝が行われる。本紙エリア勢は7校で、活躍が期待されている。

 県高野連が主催する大会。抽選会に主将は不参加で、各校の部長らがくじを引き、対戦カードが決まっていった。準決勝(8月4日)の組み合わせは準々決勝の勝利校から順に抽選を行い、決定する。

 全試合、和歌山市の紀三井寺公園野球場が会場。従来のような開会式は行われないが、開幕戦に登場する2校のうち一塁側(番号が若い)となった南部龍神の高垣公彰主将(3年)が選手宣誓を務め、熱戦の始まりを告げる。原則、無観客試合とするが、登録外選手、引率教諭、保護者らの観戦は認められる。

 南部龍神以外の本紙エリア勢は、南部、和歌山高専、日高、日高中津、和歌山南陵、紀央館。和歌山南陵は昨秋の近畿大会出場校で、日高中津は昨秋、県新人戦で準優勝している。初戦のカードでは、南部が2回戦で今春の選抜大会に出場が決まっていた智弁和歌山に挑む。1回戦から登場するのは南部龍神を含めて4校で、残り3校は日高中津が和歌山工、和歌山南陵が田辺工、紀央館が県和歌山と対戦。和歌山高専は2回戦で星林と顔を合わせ、1回戦不戦勝の日高は開幕戦の勝者と3回戦進出をかけてぶつかる。

関連記事

フォトニュース

  1. ラーメンの湯切りの落下速度は?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る