高校野球 紀南のOB会など高野連に県大会を要望

 新型コロナウイルス感染症の影響で高校野球春のセンバツに続いて夏の甲子園も中止となったことを受け、南部高校硬式野球部OB会(上田二朗会長)ら紀南のOB会、市議会や町議会有志らが4日、田辺市役所で県高野連の愛須貴志会長に和歌山県大会の開催を要望した。独自の地方大会開催を求める声は県内全域に広がっており、紀南の有志メンバーは「高校球児に晴れ舞台を」と切実な思いを伝えた。

 愛須会長が田辺市内での会議に出席後、田辺市役所に来庁してもらった。真砂充敏市長とみなべ町の宮﨑繁幸町議ら紀南地方の市会議員、町議会議員ら5人が市長室で愛須会長に要望。真砂市長は「和歌山市を中心とした紀北地方でも署名活動が行われており、地方大会開催を要望する声は高野連にも届いていると思います。田辺市や紀南地方でも機運が盛り上がっており、皆さんの熱い思いを伝えさせていただきます」と、議員有志約50人分の署名とともに地方大会開催を求める要望書を手渡した。町議有志からは紀南地方の各校野球部OB会等の署名約100人分と要望書が手渡された。

 出席者からは「新型コロナ感染予防対策として、会場を分散して開催する方法があるとすれば、田辺市や上富田町にも立派なグラウンドがあるので、ぜひ使ってください」、「春のセンバツが中止となったとき、子どもたちには『夏があるから頑張ろう』と励ますことができたが、今はかける言葉がない。一生に今しかないこの夏に、選手たちがグラウンドで躍動する姿を見れることを切実に願っております。晴れ舞台をつくって、子どもたちが球場やグラウンドを去る日に『ありがとうございました』と立派にあいさつできるようになることを希望します。紀南でも機運が盛り上がっていることをお伝えしたい」と思いをぶつけた。

 愛須会長は今月9日に理事会が開かれるとし、「皆さんの熱い思いは本当にうれしいですし、私たちにも大きな力になります。理事会でもこの思いを伝え、実現できるように頑張りたい」と話した。

 独自の地方大会開催は各都道府県で検討されており、すでに開催を決めた自治体もある。和歌山県内でも開催を求める署名活動などが展開されている。

写真=真砂市長が愛須会長㊨に要望書を手渡した 

関連記事

フォトニュース

  1. 10日には発送します

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る