農業も体験できますよ

 都会の家族連れらにゆったりとした田舎暮らしの時間を提供している民間有志団体、印南町移住定住交流会が、拠点となる羽六の民泊施設「こさめ庵」近くの用地を整備し、キャンプ場を本格オープンさせた。

 同交流会は「田舎をにぎやかにしよう」と集まった農業、漁業者、議員、役場職員ら異業種のメンバーで構成。毎月、意見交換の場を持ってまちの未来について考えている。

 古民家を活用した民泊施設のこさめ庵は、地元で大工と農業をしている上西幸彦会長(57)の旧実家で、一部リフォームして宿泊や自炊ができるほか、昔ながらのかまどやまきで沸かす風呂、木工体験施設もある。

 キャンプ場はこさめ庵の県道向かい(清流小学校北)にあり、面積は約500平方㍍。段差があった部分を平らにするなど整備し、10張以上のテントが張れるスペースを確保。宿泊客が農業を体験できる畑もつくり、自分たちで種をまいて、秋に収穫することもできる。普段の草引きなどの管理は上西会長が行う。水道も引いたが、あえて炊事場は設置せず、山や川がある大自然の中で、できるだけ原始的なキャンプを楽しんでもらう。敷地内には木彫りのカブトムシや魚のオブジェも飾ってサバイバルムードを演出。カブトムシの飼育箱も設置している。すでに海南市とかつらぎ町から2組の親子がキャンプ体験に訪れ、夜にはすぐ近くの切目川で飛ぶホタルに大喜びだった。

 上西会長は「御坊市のキャンプ場などは炊事場もあって便利だが、あえて不便な中で田舎のキャンプを味わってもらいたい。まずはまき割りをして火をおこす体験から始めてもらいます」とし、「新型コロナウイルスも落ち着いてきたので、県外からも徐々に客を呼び込みたい」と話している。

 キャンプ用のテントは貸し出し用に4張用意しており、持参もOK。宿泊料金は民泊施設もキャンプ場も同じで、1泊大人2000円、中学生以下1000円、幼児無料。一日体験はいずれも半額となる。問い合わせは090―9041―7189。

写真=キャンプ場をバックに上西会長(写真奥は清流小)

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る