美浜のカナダミュージアム 京都外大生らとウェブ会議

 美浜町三尾のカナダミュージアム(三尾たかえ館長)で24日、京都外国語大学(京都市)の学生らによる〝リモート視察〟が行われた。地域のカナダ移民の歴史を後世に伝えようと、町の地方創生事業として移民にゆかりのある近代の洋風住宅の古民家を改修して整備された施設には、当時の生活や文化をうかがわせるさまざまな展示品があり、学生たちはコロナ禍で実際の訪問がかなわない中、パソコンの画面を通して移民について学んだ。

 リモート視察を行ったのは、京都外国語大の河上ゼミの学生が中心。同ゼミ生はここ数年、年に数回、移民の歴史や地方創生についての現地調査を目的に美浜町へ来ているが、今年は新型コロナウイルスの影響で訪問がかなわず、施設では新たな試みで学生に対応することにした。

 ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」で、施設と学生、教員の自宅などを中継。三尾館長が案内、説明役を務め、東京大学を休学して昨年8月から三尾に〝留学中〟の岩永淳志さん(21)=武蔵野市=がスマートフォンのカメラ機能を使って建物や施設内の展示品を撮影、学生らがパソコンの画面で現場の様子を見られるようにサポートした。

 三尾館長は「この機会に三尾、カナダミュージアムに興味を持っていただければうれしい」とあいさつ。施設オープンの経緯、建物の歴史などを説明し、「移民の人たちは現地でサケ漁に従事していた」などと話した。岩永さんは施設の外観、庭、100年以上前の製品でカナダから持ち帰られたというミシン、衣類などを撮影し、学生たちはそれぞれ三尾さんの解説で当時の生活や文化へ理解を深めていった。

 最後に移民に関する3択クイズも出題され、学生たちは熱心に解答を考えていた。

 今回の取り組みには和歌山大学と同志社大学の学生らも視聴のみで加わり、全員で41人が参加した。

写真=パソコンの前で三尾館長が説明、岩永さんがスマホで施設内を撮影

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る