美浜のアメリカ村3施設も営業再開

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、4月初旬から臨時休業していたNPO法人日ノ岬・アメリカ村(小薮清信理事長)が管理する三尾の3施設が5日、営業を再開した。カナダミュージアムでは休業前から整備を進めていたカナダガーデンが出来上がり、季節の花が2カ月ぶりの来客を出迎えている。

 営業を再開したのはカナダミュージアム、アメリカ村食堂すてぶすとん、ゲストハウス遊心庵の3施設。県が往来自粛を要請している5都道県(東京、埼玉、神奈川、千葉、北海道)からの受け入れは見合わせている。

 三尾の移民の歴史や文化を伝えるカナダミュージアムでは、休業前から建物南に「カナダガーデン」の整備を進めていた。地域住民から花の苗の提供を受け、花壇で育て、庭の中央にはカナダの国旗に使われているサトウカエデを植えた。ウッドデッキやベンチも設置し、奥の一角には1951年に日ノ岬に建てられた二代目「紀伊日ノ御埼灯台」のレンズも展示されている。

 レンズは三代目の灯台完成後、第五管区海上保安部が地元に寄贈。灯台のレンズは全国に愛好家がいるが、その大きさや美しさはマニアでなくても楽しめる。

 芝生を張った庭は、根が定着するまでは立ち入り禁止となっていていたが、休業中に準備が整った。現在はサツキやアジサイなどがかわいらしい花を咲かせ、久しぶりの客を出迎えている。同ミュージアムのカフェメニューはテイクアウトも可能で、庭でくつろぎながら飲食もできる。

 三尾たかえ館長は「営業を再開したからといっても感染対策は必要で、多くのお客さんに来てくださいといえない状況に戸惑いもありますが、少しずつ活動できればと思います。カナダガーデンは屋外ですし、地域の憩いの場として立ち寄っていただければ」と話していた。

 アメリカ村食堂すてぶすとんでは、新たにワンコイン(500円)のテイクアウト弁当の販売を開始。コロナ禍を乗り越え、再スタートを切った。

写真=芝や花が美しいカナダガーデン

関連記事

フォトニュース

  1. 10日には発送します

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る