県高校総体 18競技で代替大会開催へ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった今年度の県高校総合体育大会について、全31競技のうち18競技で代替大会が開催されることになった。県高校体育連盟が16日、明らかにし、今月から順次大会が開催されていく。残りの13競技も既存大会に3年生が出場できる部門を追加するなど、最終学年の選手が高校の部活の集大成を披露する、区切りの出場機会を得られる大会を計画しているという。

 代替大会として大会が新設される18競技は、水泳、相撲、柔道、剣道、レスリング、ウエイトリフティング、テニス、ソフトテニス、卓球、バドミントン、ハンドボール、ソフトボール、ボート、フェンシング、ヨット、少林寺拳法、自転車、カヌー。残りの13競技は、陸上競技、弓道、空手道、アーチェリー、体操、バレーボール、バスケットボール、サッカー、ラグビー、ホッケー、登山、なぎなた、ボクシング。

 残りの13競技のうち、陸上競技など4競技は1、2年生が出場する県大会に、3年生が出場できる部門、種目を設けるなどし、バレー、バスケ、サッカーなどの9競技は3年生が参加する県大会が秋以降に開催されることから、その県大会を出場機会とする。

 県高体連は、全国高校総体(インターハイ)の中止決定を受け、4月末に県高校総体の中止を発表していた。

 4年前に男子個人でインターハイ出場選手を輩出している紀央館バドミントン部の出口達也顧問は「中途半端な形で終わらず、こういった機会が与えられたことに3年生も喜んでおり、大会入賞を目指して練習に打ち込んでいます」と代替の大会新設を歓迎。一方、「大会は8月15、16日の予定ですが、例年の6月上旬より2カ月も後なので受験の関係で出場を諦める3年生もいます。また団体戦がなく、いまのところ会場にはチームメート、保護者も入れないようなので、最後の試合をみんなで応援してあげられないのが残念です」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ラーメンの湯切りの落下速度は?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る