現代人は乗り越えられるか

 メキシコ南部のマヤ文明の遺跡で、国際研究チームが「最古かつ最大の公共建築」とみられる建造物を発見した。チームの中心は日本人考古学者ら。コロナがくすぶるなか、日本人には久々に明るい話題となった。

 マヤ文明は紀元前1000年ごろから16世紀ごろまで、現在のメキシコのユカタン半島からベリーズ、グアテマラなどの一帯で栄え、独自の文字を持ち、優れた天文学や暦を発展させた。

 大河のない密林にいくつもの都市国家が点在し、文化を進化させるが、9世紀ごろから突如、中部地域の諸国家が連鎖的に衰退。10世紀初頭にはすべての都市の記録が途絶えてしまう。

 滅亡の理由は外敵侵入、農耕限界など諸説あるが、マヤの宗教儀式の研究で知られる宮西照夫和歌山大名誉教授は著書「一精神科医の異文化漂流記」で、「循環する時への呪縛」を自身の仮説としている。

 古代マヤ人は独自の精緻な長期暦、短期暦をつくった。古典期の中部低地文明が衰退後、ユカタン半島で栄えたイツァ族は3807年の暦が一巡する1年前の西暦692年に都市を放棄し、最後の王国も256年周期で盛衰を繰り返す暦が一巡した1697年、敵と戦わず都市を放棄した。

 宮西先生は母なる文明のオルメカ、マヤ、アステカのメソアメリカ諸文明は、内戦や食糧危機、気候変動などのうえにこの256年の暦に合わせて重要な予言がなされ、都市を放棄、滅亡したのではと推察している。

 今般の新型コロナの大流行については、「自然に対する人間のおごりでしょうか」という。古代から、死の恐怖がつきまとう病は神の怒りとして人心を動揺させ、秩序の破壊を招いてきた。私たち現代人は新型コロナを乗り越えられるか。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. おもろいかかしがお出迎え

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る