梅振興議員連盟総会 小谷町長が梅の効能アピール

 全国の梅産地選出の国会議員を中心につくる超党派の梅振興議員連盟(会長=大島理森衆議院議長)の第24回総会が3日、東京の衆議院第一議員会館で開かれ、日本一の産地を誇るみなべ町の小谷芳正町長とJA紀州の芝光洋組合長がみなべ町役場からリモート参加。収穫真っ盛りの南高梅をアピールした。

 新型コロナウイルスの感染予防へ、各産地ともリモート参加となった。初めての試みで主会場の映像がうまく映らなかったり、音声が聞き取りづらいなど本部の運営に課題は残したが、小谷町長は画面越しにしっかり宣伝。熱中症や糖尿病予防などの効能を説明し「美容効果も検証している。毎日梅干しを食べて元気に頑張りましょう」とPR。芝組合長も「今年の南高梅は不作傾向だが、出来は上々。機能性が豊富ですので今後とも利用、支援をよろしくお願いします」と話した。みなべ町の㈱ウメタの泰地祥夫社長もリモート参加。決議では「新型コロナで梅の販売への影響を注視し、影響があれば販売促進支援を行う」などを盛り込んだ全8項目を採択した。

 総会には二階俊博自民党幹事長も出席。恒例となっている梅酒をつくる会が今回は中止となったことに触れ、「秋にやろう」と提案し、開催が決まった。

 席上、新型コロナ対策での医療従事者の活躍に感謝を込めて日本医師会(横倉義武会長)と日本看護連盟(大島敏子会長)にJA紀州製造の個包装の梅干しを1万個ずつ贈呈。二階幹事長は横倉会長と大島会長に手渡し、「身を挺して、命がけで頑張ってくれている。私たちは大いに力をいただいた。今後もぜひ頑張ってください」とねぎらった。

写真=リモート参加で南高梅をPRする小谷町長と芝組合長

関連記事

フォトニュース

  1. 10日には発送します

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る