梅振興議員連盟総会 小谷町長が梅の効能アピール

 全国の梅産地選出の国会議員を中心につくる超党派の梅振興議員連盟(会長=大島理森衆議院議長)の第24回総会が3日、東京の衆議院第一議員会館で開かれ、日本一の産地を誇るみなべ町の小谷芳正町長とJA紀州の芝光洋組合長がみなべ町役場からリモート参加。収穫真っ盛りの南高梅をアピールした。

 新型コロナウイルスの感染予防へ、各産地ともリモート参加となった。初めての試みで主会場の映像がうまく映らなかったり、音声が聞き取りづらいなど本部の運営に課題は残したが、小谷町長は画面越しにしっかり宣伝。熱中症や糖尿病予防などの効能を説明し「美容効果も検証している。毎日梅干しを食べて元気に頑張りましょう」とPR。芝組合長も「今年の南高梅は不作傾向だが、出来は上々。機能性が豊富ですので今後とも利用、支援をよろしくお願いします」と話した。みなべ町の㈱ウメタの泰地祥夫社長もリモート参加。決議では「新型コロナで梅の販売への影響を注視し、影響があれば販売促進支援を行う」などを盛り込んだ全8項目を採択した。

 総会には二階俊博自民党幹事長も出席。恒例となっている梅酒をつくる会が今回は中止となったことに触れ、「秋にやろう」と提案し、開催が決まった。

 席上、新型コロナ対策での医療従事者の活躍に感謝を込めて日本医師会(横倉義武会長)と日本看護連盟(大島敏子会長)にJA紀州製造の個包装の梅干しを1万個ずつ贈呈。二階幹事長は横倉会長と大島会長に手渡し、「身を挺して、命がけで頑張ってくれている。私たちは大いに力をいただいた。今後もぜひ頑張ってください」とねぎらった。

写真=リモート参加で南高梅をPRする小谷町長と芝組合長

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る