木のぬくもりを感じてください

 日高地方の木材関係団体、企業、日高振興局、7市町などでつくる木づかいどうしの会(代表=山田誠一丸紀木材工業株式会社代表取締役会長)や木材製品製作者が24日、御坊市の日高振興局にスギやヒノキの地域産材で作ったオフィス家具、玩具、漁具など約50点を寄贈した。

 引き渡し式には山田代表や日高木材協同組合の松本政彦理事長と組合員の井原志朗氏、紀中森林組合の中家哲組合長、社会福祉法人太陽福祉会太陽作業所の山中和行氏らが出席。目録贈呈のあと、山田代表が「地元の木を使っていろんなものを作ることが、木材産業の発展につながる。地域のよさや誇りを感じながら取り組んでいきたい」とあいさつした。

 小川文明農林水産振興部長は「振興局管内でのスギ、ヒノキの生産量は増えているが、消費は十分とは言えない。皆さま方には忙しい中、木材製品を作っていただきありがたい。木材製品のファンを増やして、地域産材を地域で消費する循環利用のサイクルをつくり、木材産業活性化のモデルになるよう取り組みたい」と約束。管内公共施設での積極的な利用を推進していく考えも示した。

 今回、引き渡しされた木材製品は調湿性能を持ったスギの掲示板、ヒノキのスリット型ベンチ、トラックや列車の玩具、ペン立て、フォトフレーム、ウナギ捕獲用のスギ製筒(川漁師なおべ提供)など。振興局内で展示してPRするほか、カタログの作成なども検討している。

写真=寄贈された木材製品と山田代表、松本理事長、小川部長(左から)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る