日高川で大阪の男性が行方不明

 28日昼、日高川町松瀬地内の日高川で、川遊びをしていた男性が行方不明になり、安否が気遣われている。日高川は先日からの雨と椿山ダムの放流で増水しており、御坊署や日高広域消防が水難事故の可能性が高いとみて懸命の捜索を行っている。

 行方不明となっているのは、大阪市平野区の自営業の男性(52)。御坊署によると、男性は妻(52)と飼い犬のゴールデンレトリバー1匹とこの日午後2時ごろ、松瀬橋下流約500㍍の河川敷に車で到着。犬が水に入るなどして夫婦で川遊びをしていた。

 3時30分ごろ、河川敷に止めていた車に一旦戻ったが、犬がまだ遊び足りなさそうだったため、男性と犬が再び川へ行き、妻は車で休憩していた。4時30分ごろ、犬だけが車に戻ってきたため、心配になった妻が付近を捜したが見つからず、近くで農作業をしていた地元住民に助けを求め、一緒に玄子駐在所へ行って6時5分に御坊署へ通報した。

 署員と日高広域消防が出動して捜したが見つからず、日没のため翌29日朝から捜索を再開。現場から下流へ向けて県警機動隊アクアラング隊と日高広域消防潜水隊が水中から、広域消防はボートやドローンも使い、町消防団から地元の2分団が出動して付近を捜索。県警ヘリと県防災ヘリも空から捜しているが、正午現在見つかっていない。

 男性と妻は今年5月にも同じ場所に来たことがあった。現場は川幅が約140㍍あり、29日朝の時点では川の流れは右岸寄りに川幅の半分ほど。椿山ダムによると、28日未明の雨の影響で同日午前8時から最大で114㌧の小規模放流を続けており、平常時に比べて増水、現場周辺でも流れが少し速くなっていた。

 男性が川に入っていたかなど目撃情報はないが、現場の状況から犬と一緒に入って流された可能性が高いとみて、現場下流域を中心に捜索が続いている。

写真=潜水隊やヘリも出動して現場周辺を捜索

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る