二階幹事長 国土強靭化対策延長に意欲

 自民党の二階俊博幹事長が29日、御坊市島の事務所で記者会見を行い、今年度で3カ年の計画が終了する国土強靭化緊急対策を、予算規模を拡大したうえで来年度以降も延長するよう、自身が本部長を務める同党国土強靭化推進本部で決議したことを報告した。県内の市町村長から延長の強い要望があったとし、「国民の命と暮らしを守るのに、一刻の猶予もあってはならない」と意欲をみせた。

 国土強靭化は「自然災害から一人の生命も失わない」を目標に二階幹事長が提唱し、2011年10月から展開。近年洪水、大地震、そして新型コロナウイルスなどの災害が毎年のように発生している中、去る26日に開かれた国土強靭化推進本部では「いまや当たり前になった脅威・危機に備えて『新たな日常生活』『新たな社会』を構築することが急務」などと確認。2021年度以降の国土強靭化施策については、「防災・減災、国土強靭化緊急対策」を含めたこれまでの予算を前提に、内容を充実させ、大幅な当初予算規模の拡大を図っていくことを決議。事業期間は新たに5カ年延長し、中長期的かつ明確な見通しのもとに計画を立てるよう推進していく。二階氏は「国土強靭化緊急対策は延長を希望する多くの声をいただいており、その方向で進めていく」と力を込めた。

 新型コロナウイルスについては「1次補正予算の組み換えで国民の皆さまに一律10万円の給付が実現したが、正しい判断だった。2次補正ではより国民の命と経済を守る具体的な政策を提示した。コロナへの対応には十分な自信を持っている」と強調。アフターコロナの県内観光振興には「国のGoToキャンペーンを早急に実施できるよう準備している。8月には稲田朋美幹事長代行を団長とする自民党女性国会議員の研修を白浜町で行う予定」などと説明した。

 今秋にうわさされる衆議院の解散には「解散は毎日念頭に置いている。片時も油断することなく準備しておくのが政治に身を置く者の責任」と述べ、具体的な動きはないものの、秋解散の可能性は否定しなかった。
 三浦源吾新御坊市長については「聡明で決断力のある方だと理解している。獅子奮迅の活躍を期待。私も持てる力を全て注いで、要望の実現へ力を尽くしたい」と約束した。

 二階氏は27日から帰郷。公務やコロナの関係で、今年1月5日の御坊事務所開き以来、自身の選挙区入りは約半年ぶりとなった。27日は田辺・西牟婁、御坊・日高の首長らと意見交換も行った。29日、白浜空港から上京した。

写真=御坊事務所で会見する二階幹事長

関連記事

フォトニュース

  1. ラーメンの湯切りの落下速度は?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る