メディアが事実を伝えない

 白人警官による黒人男性の暴行致死事件を契機とした米国民の抗議行動。報道する側は受け手の食いつき(視聴率)を狙い、映像は警官隊との衝突を切り取りがちで、静かで平和的なデモはあってもあまり報道されない。

 自身の言動で支持率を下げているトランプ大統領が、さらに過激なツイートで話をややこしくする。デモの実態はどうなのか、大統領は人種差別主義者なのか。選挙を前に、人の脳に作用する無数に飛び交う情報兵器が判断力を鈍らせる。

 他方、メディアが報じるべき情報が届かないこともある。美容外科院長の高須克弥氏らが会見、大村愛知県知事の解職請求(リコール)運動を始めると発表したが、なぜそうなったかの核心部分が報道されない。

 昨年の芸術祭あいちトリエンナーレの企画展で、昭和天皇の肖像をバーナーで燃やし、その灰を踏みつける映像が作品として展示された。実行委員会トップとして、このようなイベントに税金を投じた責任を問うているのだが、テレビが伝える展示作品は他の平和の少女像ばかりで、問題が矮小化されている。

 拉致被害者、横田めぐみさんの父滋さんが亡くなり、葬儀後の家族の会見もそうだった。問題を解決できない安倍首相を批判するメディアに対し、家族は「安倍首相、安倍政権が問題ではなく、40年以上何もしてこなかった政治家や、北朝鮮が拉致をするはずがないといってきたメディアがいたから、ここまで安倍首相、安倍政権が苦しんでいる。何もやっていない人が政権批判をするのは卑怯だと思う」と語気を強めたが、多くのメディアはこの拉致被害者家族の心からの叫びを無視した。

 イデオロギーが目の前の事実を抑え込む異常さ。気をつけたい。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る