ニホンザル 日高川町にも巨大な群れ

 県が2019年度、日高川町蛇尾と由良町畑で実施した「GPS(全地球測位システム)首輪」活用のニホンザル行動域調査の結果がまとまった。それによると、蛇尾では207匹という非常に大きな群れを確認。前年度調査では日高町内で200頭を超える群れが確認されたが、日高地方に2つも巨大な群れがある状況を「全国的にみても異常な事態」とし、大型捕獲檻の増設など、対策を強化していく。

 調査はメスザルを捕獲して、GPSの機能が付いた首輪を装着。再び山に放ったうえで位置情報を確認し、ビデオカメラと目視により行動域や群れの数などを調べた。サルの群れは通常30~50匹で、200匹を超える群れは全国的にもまれ。今回、巨大な群れが確認された蛇尾では柑橘類が栽培されているが、サルの侵入に無防備だったり、栽培放棄されていたりするなど、サルの餌場となって繁殖が良好な状態にあると考えられるという。

 このサルの群れは有田や広川など広範囲に移動している可能性がある。さらに261匹の群れが確認された日高町と同様に子ザルが多く、今後も個体数が増えると予想される。巨大な群れは一度に大きな被害が発生することや、群れ全体を追い払いすることが困難なこと、個体数の増加に伴う群れの分裂で群れの数の増加も懸念される。一方、由良町畑の調査ではGPSを付けたメスザルが群れから離れて行動しているのか、他のサルを確認できなかった。

 日高振興局農業水産振興課は、放棄地にある餌の除去、捕獲檻の設置、防護策の設置などを推進。担当の地坂吉弘主任は「日高川町役場がサルの通るコースに大型捕獲檻を設置することになっている。地域住民の協力も必要。県、国、町では防護策設置の補助制度もあり、PRしていき、今後も適正な管理捕獲に努めたい」と話している。

 GPS首輪による行動域調査が3年目となる今年度は、日高川町玄子で実施する。この調査とは別に、県は今年度と来年度の2カ年で、県内全体のニホンザル生息数調査を行い、大まかな群れの数を把握する。今年度は日高・有田・西牟婁管内で実施。調査は業者に委託するが、詳細な方法は検討中となっている。

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る