コロナ禍で移住者が増!?

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、地方移住を検討する人が増えているという。なぜだろうか。

 NHKニュースによると、移住を支援する団体では4月以降、移住の相談が1割ほど増えていて、多くが新型コロナをきっかけに検討を始めたという。家族のために人口が多く感染リスクが高い都会を離れたいのはもちろんのことだが、テレワークなどを試してみた結果、出社しなくても仕事が続けられるとのめどがついた。会社を辞めなくても地方に移り住み、いまの仕事ができるので生活の心配も少なくなり、移住のハードルを大きく下げて検討を後押ししているとみられている。

 先日、テレビで株式会社ニトリの創業者で会長の似鳥昭雄氏が「今までが異常と分かった。(リモート会議にすれば)海外出張しなくても商品開発ができる」と話していた。以前は海外の生産拠点に自身がたびたび出向いていたが、コロナ禍以降は取りやめ。それでも特に支障はなく、当たり前と思っていたことの異常性に気づいたそうだ。移住希望者も今、毎日満員電車に揺られて長い時間かけて会社に行くことに疑問を持つのは、ある意味正常な感覚であろう。

 ちなみに、移住者受け入れを早くから積極的に進めている日高川町の担当課に尋ねたところ、まだ新型コロナの影響で移住した人や問い合わせが一気に増えたということはないらしいが、今後、ニュースのような傾向になる可能性は高い。移住者を受け入れたいと考えるなら一刻も早くニーズに合った準備を終わらせる必要があると思う。都会から移住者を呼び込むチャンスは到来しており、禍転じて福となすためにスタートを切らなければならない。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 卒業式を前に感謝を込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る