コロナアプリの効果は?

 厚生労働省は19日、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に役立つスマートフォン向けアプリ「COCOA」の配信を始めた。Bluetoothを使ってアプリ利用者同士の接触を記録。過去14日間の接触者から陽性者が出た場合は通知が届くというものだ。利用者の記録はすべて匿名で、接触場所なども記録されないなどのプライバシーに配慮。現在は試行版となっており、24日現在、不具合の対応として陽性者との通知が届かない状態になっているなど、まだまだ修正は必要だが、近いうちにきちんと動作するアプリがリリースされるだろう。

 アプリが有効とされるのは国民の6割が導入した場合と言われている。国内のスマホユーザーは約65%なのでほぼ全員が入れなければいけない計算になり、実現は難しそうだ。また、陽性登録は陽性者自身がする必要があるなど、アプリの効果が発揮されるかどうかは利用者に委ねられている。

 日本らしい仕様と言えるが、海外はまた異なる。ポーランドの自宅隔離アプリは求められた自撮り写真を送らなければ警察に通報される。韓国の自宅隔離用のアプリも指定された隔離エリアから離れたら、警告メッセージが送信される。中東のカタールの「接触確認アプリ」では個人が特定される仕組みで、アプリをダウンロードしていないと禁錮や罰金などの刑罰もあるという。アプリ一つにしてもお国柄が出ている。ただ、今後もコロナが長引くようであれば世界統一規格のアプリも必要になってくるだろう。

 日本版アプリはまだ試行版なので、これからもっと使いやすくなっていくだろうが、いったいどこまで浸透することができるのか。今後の動向に注目したい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る