自由律俳句青い地球社年間賞 平田さんが新風賞

 自由律俳句の全国結社「青い地球社」の年間賞が決まり、御坊市塩屋町で活動しているはまゆう吟社から平田キヨヱさん(81)=御坊市熊野=の作品が新風賞を受賞した。本来は今月、長野県諏訪市で開催予定だった全国大会で表彰されるはずだったが、新型コロナウイルスの影響で大会が中止。平田さんは選考結果が掲載された機関誌「青い地球」第349号を手に「皆さんのおかげです」と喜んでいる。

 平田さんは1986年に同会に入会。途中休会したこともあったが近年はずっと例会に出ており、2014年には種田山頭火全国俳句大会一般の部で最高賞を獲得した。今回は「染めたい色」と題する15句で、最高賞の青い地球賞に次ぐ新風賞を受賞。花が好きで以前は未生流の生け花教室を開き、現在は押し花教室の講師を務める。表題作の「まだまだ染めたい色があるあかね空」には、傘寿を過ぎてももっと趣味の世界を深め幅広く活動していきたい気持ちを込めた。

 そのほか、趣味のカメラ撮影での作品の中に亡き知人の在りし日を偲んだ「元気な姿カメラの中に探す」、家族を詠んだ「とうもろこしハーモニカみたいと笑う孫」、亡き身内を思う「想い出残したまま欠けた年賀状」、現代社会を詠んだ「映像の向こうへ手を合わす今朝のニュース」「未来へハヤブサ2生命の鍵ひらく」「令和へ寿ぐ竹の子の脱皮」など、日々の思いをつづっている。

 「難しいことは言えないのですが、私なりの言葉で毎日の思いを句にしています。あとから読み返すと自分史のようで、どの句にも愛着があります。大勢の方々のお世話になり、ご指導を頂いてきました。皆さまとのご縁に感謝しながら、今後も力の限り精進していきたいと思います」と意欲的に話している。

写真=作品掲載の「青い地球」を手にする平田さん

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る