第二波、第三波に備えよう

 新型コロナウイルスの新規感染者は国内で着実に減少しており、先の39県に加え、関西3府県も緊急事態宣言が解除された。首都圏等は継続だが、国内全解除の兆しは見え始めている。すべての国民の感染拡大防止行動の大きな成果だ。今後は引き続きの感染予防と、経済活動の両立という、明るくもこれまで以上に難しい局面に入ったといえる。6月からは学校も本格的に再開される。ウイルスが完全になくなっていない以上、人の動きが活発になるということは感染リスクも当然上がることを再認識したい。

 20日現在の国内累計感染者は1万6385人。欧米に比べて格段に少ないのは、一つに日本人の行動が優秀だったと言える。ただ、見方を変えればほとんどの日本人はまだこれから感染の可能性があるともいえる。日本の人口約1億2365万人を考えればなおさらだ。専門家が危惧するように、今後第二波、第三波が来るのは必然と考える方が正しいだろう。これまでを第一波とするなら、そこで浮き彫りになった課題を早急に徹底検証し、備えを整える、今は第二波へのわずかながらも準備期間にしなければならない。

 特に最も整備しなければならないのは医療体制だ。日高地方をはじめ県内では感染者の爆発的な増加はなく、医療崩壊は起こらなかったが、今後、感染病床を超える患者が出たらどう対応するのか。行政機関は病院と連携し、今だからこそ余裕を持ってできるシミュレーションや、必要な準備をすべきだろう。もちろん民間事業所もリモートへの必要な準備、学校も再び長期休業となった場合の対応、住民も「新しい生活様式」を心がける。第二波、第三波も力を合わせて乗り切るために。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 事故に気をつけてね!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る