県消費生活センター相談 コロナ関連の苦情も

 2019年度に県消費生活センターに寄せられた相談総件数が5342件で、前年度比500件(8・6%)の減少となったことが同センターのまとめで分かった。最も多いのは苦情相談の4855件(前年度比8・1%減)で、65歳以上の高齢者からの苦情は3年ぶりに全体の3割を切り、今年1月以降は新型コロナウイルスに関する苦情が増え、最終的に60件に達した。

 19年度の県消費生活センターが受け付けた相談件数は前年度より500件減り、市町村の消費生活相談窓口等に寄せられた相談件数も3307件で、前年度より604件(15・4%)の減少となった。

 苦情相談者の年齢別では、20~64歳が全体の58・3%を占め、次いで65歳以上の高齢者が1435件、0~19歳が9・4%。高齢者の全体に占める割合は29・6%で、3年ぶりに3割を下回った。

 苦情相談で最も多かったのはワンクリック請求、出会い系サイトのトラブルなどウェブサイト関連で591件、次いで健康食品の318件、架空請求はがきの277件など。また、1月下旬からはマスク等の保健衛生品不足や旅行のキャンセル料、行政機関を装って消毒を口実に個人情報を聞き出す不審電話など新型コロナウイルスの感染拡大に関連した相談苦情が増加したほか、健康食品や化粧品に関する苦情が急増したことも特徴だった。

 健康食品や化粧品については、「インターネットの広告を見て申し込んだが、複数回の購入をする契約となっていたことを見落としていた」「健康食品を飲んでみたら下痢をした」「化粧品を使うと肌が赤く腫れた」といった苦情が寄せられた。

 同センターは「消費生活全般に関するトラブルについて相談を受けています。相談は早ければ早いほどよりよい解決につながります。1人で悩まないで気軽にご相談ください」と呼びかけている。

 電話は県消費生活センターが073―433―1551、同センター紀南支所が0739―24―0999。

関連記事

フォトニュース

  1. 全国で金メダルを!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る