死体遺棄容疑 御坊の58歳男を逮捕

 同居する母親の遺体を自宅敷地内の倉庫に放置したとして、御坊署は11日、長男で御坊市湯川町富安の無職山田淳一容疑者(58)を死体遺棄の疑いで逮捕した。容疑を認めており、同署は動機について詳しく聞いている。

 調べによると、山田容疑者は母親の山田チヅ子さん(87)の遺体を自宅西側にある倉庫に遺棄した疑い。司法解剖の結果、チヅ子さんは病死の可能性が高く、死後2、3カ月たっていたとみられている。

 御坊署によると、山田容疑者は80代の父親とチヅ子さんとの3人暮らし。チヅ子さんは足腰が不自由で、父親と山田容疑者が身の回りの世話をしていたという。そんな中、父親が今年1月中旬から4月下旬にかけて病院に入院。退院した際、チヅ子さんが家にいなかったため、山田容疑者に尋ねたところ、「体調を崩したので入院している」と説明を受けていたが、気になって家の中を探すと、5月8日に家に隣接する倉庫でチヅ子さんの遺体が見つかり、通報した。チヅ子さんは布団に寝かされ、毛布をかけられた状態だった。

 事件発覚後、山田容疑者は行方をくらましていたが、11日早朝に1人で御坊署へ出頭。「(母親が)自宅で亡くなり、倉庫へ運んだ」と容疑を認めているという。

 現場は湯川文化会館の南方約200㍍の住宅地で、父親が8日夕方に通報した後、捜査員が集結。9日以降も物々しく捜査が続き、周辺住民に不安が広がっていた。近くに住む女性は「警察官が大勢来てびっくりした。何も分からないし、怖かった」と振り返り、逮捕の話を聞いて「(山田容疑者は)おとなしくて、優しかった。介護は大変だったと思う。それでも誰かに相談できていれば、こんなことにはならなかったでしょうに。さみしい話ですね」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る