日高町のふるさと納税 件数が急増

 日高町のふるさと納税件数が4月の1カ月間で499件(544万3000円)となり、昨年度1年間の52件(224万円)の約10倍となったことが町のまとめで分かった。金額でみても4月だけで昨年度1年間の約2・5倍。インターネットから返礼品を選べるポータルサイトを1つから4つに増やしたほか、県内の15市町で結んでいる「共通返礼品」などを活用して返礼品数を大幅に増やしたことが大きな要因とみられる。

 ふるさと納税は応援したい自治体に寄付すると、住民税額から一定の控除が受けられ、日高町は8000円以上の寄付に対して返礼品を贈っている。

 同町のふるさと納税の実績をみると、2016年度が6件(99万円)、17年度が28件(188万円)、18年度が53件(198万円)、19年度が52件(224万円)。今年度はスタートの4月だけで今までの年間実績を上回り、件数、金額ともに過去最高となった。499件のうち、県内からの寄付は1件だけだった。

 急増の要因としてはポータルサイトの活用数を増やしたことが考えられ、これまでは「楽天ふるさと納税」だけだったが、今年度から「ふるぽ」「ふるさとチョイス」「ふるさとぷらす」の3つを加えた。

 返礼品についても今までは町内業者の商品だけを扱っていたが、昨年10月に県内の自治体同士の返礼品を共通返礼品とする協定に加盟。プレミア和歌山認定品も返礼品に加え、昨年度の17点から約300点へ大幅に増加させた。今後も遠方で暮らす町内出身者向けに墓の掃除を返礼品にすることも検討している。担当の総務政策課は「今後もふるさと納税が増えるように積極的に取り組んでいきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る