日高地方でも活動開始

 日高地方でも、アフターコロナに飲食店へ来てもらう「未来チケット」のプロジェクトが動いている。新型コロナウイルス感染防止対策としての自主規制等で、売り上げが減少した飲食店の事業継続を支え合うための資金調達と、将来の利用による地域活性化に向けたきっかけづくりの取り組み。御坊市・日高郡未来プロジェクト実行委員会が、一緒に盛り上げる仲間を募っている。

 「御坊飲食店未来チケット」プロジェクトは、御坊市湯川町財部のイタリアン「BAMBU」(バンブ)の笹佳史シェフが、親交のある御坊市野口のイタリアン「L,Albero」(アルベロ)の木戸地直紀シェフに声をかけ、実行委員会を組織。笹さんが代表発起人を務める。

 プロジェクトは、クラウドファンディングのサイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」を利用。参加飲食店全体への支援金を受け付け、参加店舗へ均等に分配する「応援型」と、店舗を指定して食事券を購入してもらい、10%のプレミアムを上乗せした食事券を送る「店舗指定型」の2方法で支援金を募集する。

 参加は無料だが、資金調達ができた店舗は利用サイトの手数料や食事券の送付料金が必要。日高地方の飲食店や食事を提供する旅館等に参加を呼びかけている。参加店舗の募集は6月10日まで。同16日から支援金の募集をスタート、8月1日から食事券を発送するスケジュールで進めている。

 笹さんは「まずは少しでも資金の足しになればいいなと思っています。そして、お店に足を運んでもらうきっかけにできれば。『密』が避けられ、生活固定費が抑えられる田舎に注目が集まっているこのタイミングは大チャンス。協力できる仲間が集い、変化する前向きな活動をするきっかけにしたい。お客さんを御坊日高で奪い合うのではなく、来てもらえるまちづくりをしませんか」とPRしている。問い合わせはバンブ℡0738―23―5335、アルベロ℡0738―20―1980。

写真=「一緒に頑張りましょう」と笹さん

関連記事

フォトニュース

  1. 5月1日から使えます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る