新種のトノサマ?

 日高川町江川地内で先月28日、全身黒色のバッタが見つかった。

 捕獲したのは江川の白銀師(しろがねし=刀身が鞘に納まったときに鞘に触れるのを防いだり、柄と刀身を固定したりするための金具「はばき」を作る職人)・野口裕弘(やすひろ)さん(42)。この日の朝、自宅の敷地内で飼い猫が黒いバッタのような生き物を追いかけているのに妻が気づき、夕方になって裕弘さんが玄関前でじっとしているところを再発見、捕獲した。

 体長は3㌢程度で、「炭のかけらに見えた」というほど全身黒色。「コロナで暗いニュースが多い中、『新種発見』とか明るい話題にならないかな」と期待を込めつつ、日高新報に連絡を入れた。

 本紙記者が県立自然博物館(海南市)に写真データを送って調べてもらったところ、この生き物は「トノサマバッタの幼虫と思われる」。黒色になった原因は不明だが、同博物館でもここ数年の間に3例ほど(いずれも幼虫)に対応しているという。バッタ類の体色については「周囲の環境に溶け込むための保護色であり、脱皮のたびにある程度は変化をさせる能力がある。多くの場合は緑色あるいは褐色だが、時として変わった色になってしまう個体もいるのでは」と解説。クビキリギスはピンク色の個体もいるとし、「このまま完全に真っ黒な成虫になるのか、それとも変化するのかは不明。飼育してみると、楽しいかもしれません」と回答が寄せられた。

 野口さんは研究したい人にバッタを提供することにしており、詳しい問い合わせは℡090―1718―4888。

写真=体長3㌢程度の黒いバッタ

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る