御坊署 休校中の子どもの安全守るチラシ作る

 学校の臨時休校が続く中、県警は留守番をする子どもが泥棒と鉢合わせたり、被害に遭ったりしないよう、家庭での防犯対策の徹底を呼びかけている。県外では休校期間中に同様の事件が複数発生。県内学校の休校延長を受けて、御坊署も早速「マメにカギかけ!」と記したチラシを作り、警戒を強めるとともに注意を促している。

 全国では、愛知県内で3月23日から4月9日にかけ、小中学生が留守番をしている家への侵入盗被害が3件確認されている。3月23日、2人組の男が小学生の男児(11)が1人で留守番中の家に窓を割って侵入し、男児に「ずっと前を向いていて」と指示。クレジットカードや通帳を盗んで逃げた。また同じ日、別の家で小学生の女児(10)が無施錠の窓から侵入してきた男と出くわしたが、男が女児を見て何も取らず逃走。4月9日には男子中学生(13)が窓がたたかれる音を聞いて自宅2階に避難。家族が帰宅すると、財布等が盗まれていた。いずれも子どもに危害はなかったという。

 御坊署によると、同署管内でも臨時休校が始まって以降、在宅中の子どもが自宅敷地内に立ち入る不審者を目撃。110番通報する事案があった。

 同署は留守番をする子どもが事件に巻き込まれないよう、パトロールを強化するとともに、4月30日の県内での臨時休校延長決定後すぐ「御坊警察署だより」を作成。「お昼でも家の鍵はかけておきましょう」「玄関はもちろん風呂場やトイレも忘れずに」「子どもさんにも鍵かけを忘れないようご指導をお願いします」とし、「無施錠や施錠が甘いと、泥棒が侵入してくる可能性は高くなります。在宅中の子どもと鉢合わせて危害を加えるという恐れもあり、普段から誰かが家にいるいないに関係なく、鍵かけを徹底してください」と注意を呼びかけている。

写真=鍵かけの徹底を呼びかけるチラシを手に署員

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る