御坊寺内町会館 6月2日から再オープン

 新型コロナウイルスの影響で3月から休館していた御坊市御坊の御坊寺内町会館は、メイン展示物を一新して6月2日から再オープンする。

 新しいメイン展示は、テーマを「御坊今昔物語」として、寺内町の繁栄と御坊のまちの移り変わりを紹介。繁栄の歴史では祭りや幟、戯瓢踊などをジオラマ化。戯瓢踊の様子は精密に再現された多数の人形で構成されており、いずれも今年2月に死去した元御坊市職員の塩﨑正三さんが制作した。

 パネル展示は、1960年前後と現在の御坊市を写真で比較。新旧の市役所、御坊小学校、紀伊御坊駅など懐かしい市内各地の貴重な写真が見られる。また、併設する和田勇資料館には、二女マリコさんから寄贈された日本オリンピック委員会(JOC)のネクタイ、胸章や第2回日米大学野球選手権大会時の山下大輔、中畑清ら選手の名前の寄せ書きなどが追加展示されている。

 感染症対策としては、見学順路を決め館内を一方通行とし、消毒液を設置、換気を徹底。来館者にはマスクの着用と前後約2㍍の間隔をあけ1人ずつの見学を求めている。

 片山隆館長は「3カ月の休館期間に、展示内容の充実を図り、感染症対策も講じました。3密を防ぐため、館内では係り員が見学方式など協力をお願いすることがあり、ご不便をおかけしますが、御坊の今と昔の展示を楽しんでいただければ」と話している。

写真=戯瓢踊のジオラマ展示を準備するスタッフ

関連記事

フォトニュース

  1. 10日には発送します

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る