大逆転を見せてやろう

 コロナ禍で暗いニュースが相次ぐ中、今年の元日に朝日新聞などに掲載されたという全面広告が頭に浮かんだ。株式会社そごう・西武の広告「さ、ひっくり返そう」。炎鵬関の写真が小さめにあり、11行のメッセージが横書きで記されている。

 同社のホームページから引用。◇大逆転は、起こりうる。◇わたしは、その言葉を信じない。◇どうせ奇跡なんて起こらない。◇それでも人々は無責任に言うだろう。◇小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。◇誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。◇今こそ自分を貫くときだ。◇しかし、そんな考え方は馬鹿げている。◇勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。◇わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。◇土俵際、もはや絶体絶命――。広告のタイトル通り、◇から始まる11行の文章を「土俵際…」の最後から逆に読むと、大逆転劇が起こる。文章の印象が反対に変わってしまう。「どんな大きな相手にも、自分らしい技で立ち向かう炎鵬さんのように『たとえ劣勢にあっても、勝負をあきらめず逆転を狙おう』というメッセージ」が込められているという。

 見方や視点を変えれば、目の前で起こっていることの受け止め方も変えられる。苦しくても前向きになれる。そう強く訴えかけてくる文章だ。苦境に立たされている飲食業界ならデリバリー、テイクアウトで新たな客層を掘り起こす機会にならないか。部数減に悩む新聞は「おうち時間」をきっかけに子どもにも大人にも紙面に親しんでもらい、活字離れからの巻き返しができないか。子どもたちは休校中だからこそできる新たなチャレンジを見つけられないか。

 前を向き、大逆転を見せてやろう。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 気軽にご利用、ご来場ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る