変化、適応、進化

 カジュアル衣料品大手チェーン「ユニクロ」が、今夏に向けて布製マスクの販売を始めるとの報道があった。機能性肌着に採用している通気性と速乾性に優れた生地を活用。夏場でも快適に着用できる商品として売り出すという。新型コロナウイルス禍の景気低迷の中でも、すぐに自らの誇れる技術を生かし、消費者が欲するものを販売する戦略を立てて発表するあたりは、さすがだと思った。

 外出自粛で大打撃を受けている飲食業界はテイクアウトやデリバリー、移動販売に取り組み、少しでも売り上げアップにつなげようと頑張っている。前回の当欄でも紹介したが、テイクアウトではドライブスルー方式などの新営業形態もお目見え。お客さんが来ないのなら、自分たちから出向いていく。そんな逆転の発想で巻き返しを図っている。

 未知のウイルスが、短い間に社会に大きな変化をもたらしたのは間違いない。大企業であっても、社会の変化の対応に後れを取れば今後の経済情勢しだいで生き残っていけるとは限らない。「進化論」で知られるダーウィンの名言とされる「生き残る種とは最も強いものではない。最も知的なものでもない。変化に最もよく適応したものである」。今まさに、人にも企業にも求められるのは、コロナ禍の社会への素早い適応なのであろう。適応の先に進化がある。

 自分の周囲を見てみると、通信をはじめ結構何でもできる環境が整っているのに気付く。あとはやるかやらないか。会社も一部リモートワークを導入するなど、どんどん新しいことに挑戦中。最近、無料通信アプリ「LINE」を始めたというと、やっとかと笑われるが、やらないよりはいい。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る