和高専楠部准教授の藻場再生実験進む

 和歌山高専生物応用化学科の楠部真崇准教授(42)が漁場回復に向けた藻場の復活へ、日高町の方杭漁港で行っているアマモの定植実験は、12月にまいた種が10㌢程度の海草に成長。このまま成長し、種を付ければ成功となり、エコで低コストな藻場再生法として期待されている。

 藻場は海草や海藻などの群落。エビや小魚のすみかとなっているが、近年の海水温の変化などで減少。それに伴い、エビなどを餌とする魚の漁獲高も減り、漁業への影響が懸念されている。

 藻場の復活の取り組みは各地で行われており、種を麻のシートに編み込んだマットを敷いたり、プラスチックポットなどを使った再生活動が行われているが、ダイバーの人件費や海洋ゴミの影響で広く普及していなかった。

 そんな中、楠部准教授は微生物の力で砂を固めるバイオセメントに着目。海の砂と海中にいる微生物を使ってセメントを作り、アマモの種子が入った直径2㌢程度の球体「アマモボール」を作製。海中にまくことで、海底でアマモが育ち、バイオセメントは少しずつ分解され、最終的に砂に戻る。ダイバーの力を借りなくても、陸上や船の上から簡単にまくことができる。

 水槽などを使った実験ではアマモの成長を確認できており、方杭漁港では昨年12月に30㌔分をまいた。定期的に潜水し成長を確認しており、このほど約10㌢まで育っていることを確認。今後も順調に生育し、種がついていることが確認できれば成功となり、次のステップへ進む。早ければ6月ごろには確認できるという。

 楠部准教授は「このまま順調に生育が確認できれば漁港内で実験範囲を広げたり、新たな海草でも取り組んでいきたい。将来的には各地の藻場復活に役立てたい」と話している。

写真=10㌢まで育ったアマモ

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る