南高梅着果調査 数は過去10年で最少

 JA、市町などでつくる日高果樹技術者協議会は20日、今年の南高梅着果調査の結果を発表した。みなべ町、印南町、御坊市、日高川町で調査し、100節当たりの着果数は全平均で「少ない」となり、過去10年比で最少となった。主産地のみなべ・印南町では海岸部と山間部でばらつきがあるが、平均では過去10年比7割程度。一方、果実肥大は過去10年に比べても大きく、順調に生育している。

 同協議会はJA、市町、南部高校、県農業共済組合、県うめ研究所、日高振興局で構成。今月18、19の2日間、みなべ町109園、印南町15園、御坊市6園、日高川町18園の計148園で調査。1園で平均的な1本を選び、直径2㌢の側枝2枝の着果数と果実肥大を調べた。

 全体の平均は100節当たり3・4果で、過去10年で最も少なかった2010年の4・0果を大きく下回った。例年と比べると7割程度の出来という。地域や園地によってばらつきがあるのも今年の特徴で、主産地のみなべ・印南町を見ると、海岸部の岩代・南部地区は100節当たり5・1果で作柄は「並み」(10年比91~109%)。ほか上南部2・5果、高城2・6果、清川4・7果、印南町3・7果とすべて「少ない」(10年比80%以下)。特に上南部、高城地区は例年の6割程度となっている。御坊市は2・8果、日高川町は川辺2・7果、中津5・3果といずれも「少ない」となった。

 数が少ない分、果実肥大は順調で、すべての地区で過去10年比103~108%。1果平均の重さも、すべての地区で平均を超えており、みなべ・印南町では全地区で114~122%とずっしり重く生育している。

 日高振興局農業水産振興課では少ない要因について「開花時期にミツバチの活動が弱く、受粉がうまくいかなかったことが考えられる」とし、「数は少なくても今後の果実肥大によって全体的な収量は大きく変わる。適度に雨が降り、気温が上がれば果実は大きくなるので、今後の天候に期待したい」と話している。南高梅の荷受けは24日からスタートする。

写真=数は少ないが肥大は順調な今年の南高梅

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る