他人を理解すること

 先日、取材で防波堤に上った。地上5㍍ほどだろうか。高い所が苦手で、下りられなくなり、防波堤の上を歩いて戻った。防波堤の幅は50㌢もなく、岸までの距離は数十㍍。一緒にいた人に前を歩いてもらい、その人のくつを見ながら足を前に出した。下は右側が地面、左側は海。消波ブロックの間から水面が見える。途中ふらふらしながら、ようやく岸にたどり着いた。

 その後も足の震えは止まらず、吐き気もする始末。大げさかもしれないが、一緒に戻ってくれた方は、命の恩人と思えた。紙面を通じて感謝を伝えるとともに、緊張のあまり「ゆっくり!」「ちょっと待って」と乱暴だった言葉を謝りたい。高いところは昔から苦手で、観覧車には乗れないし、東京スカイツリーも中心の壁を見ながら、ぐるぐる上って下りただけ。取材先の施設で足がすくみ、スタッフに助けを呼んだこともある。

 話は変わるが、先日のテレビドラマで、アレルギーを持つ子どもがいじめられる描写があった。乳製品アレルギーを持つ小学生が下校時、クラスメイトから背中にチーズを入れられ、発作を起こして救急車で病院搬送。後日、父親が学校へ乗り込むが、担任教師は「ただの悪ふざけ」とごまかす。2018年9月、英・ロンドンで重度のアレルギーを持つ13歳の少年が、同級生から背中にチーズを入れられ、アレルギー反応でショック死するというニュースを思い出した。

 平気な人からすれば不思議だろうが、当事者はいたって真剣。からかい、いたずら、いじめでは済まない事態になる。周りの人は自分と同じではない。筆者を笑わず助けてくれた方のように恐怖心や恐怖症、アレルギーについても他人を理解する心がけを忘れてはならない。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る