中華そば丸田屋 南紀白浜店 丸田屋の味をご自宅で

 今年3月16日、南紀白浜にオープンした中華そば丸田屋 南紀白浜店をご紹介。

 和歌山県北部に3店舗あり、今回の南紀白浜店が4店舗目となります。

 和歌山の老舗である「井出商店」で3年間修業したのち、開業した店主が試行錯誤を重ね続け、老若男女に親しまれるお店として19年間営んでいます。

 長時間炊き込んでも雑味が出ないよう、豚骨と鶏ガラを丁寧に下処理しています。

 また旨味・風味・コクを最大限に引き出すため、8時間以上強火でじっくり炊き込んだこだわりのスープに、秘伝の醤油ダレをブレンドした同店自慢の豚骨醤油スープです。

 麺は、香りはもちろん、歯ごたえ良し、喉越し良しの自家製麺を使用。人気の自家製チャーシューは、三元豚バラ肉を秘伝の醤油ダレでしっかりと味付けをし、じっくり炊き込んで仕上げています。

 見た目はこってり、味わえばあっさりの逸品をぜひご堪能ください。

 またそんな同店の味を自宅でも楽しめます。お店で食べるのとそっくりの味とクオリティで食べることができます。作るのが難しそうに思われがちですが、想像以上に簡単に調理できます。オフィシャルホームページで「簡単においしく作るコツ」動画を掲載しているので、参考にしてはいかがでしょう。

 テイクアウトラーメンは、店舗またはホームページで購入可能。

 「いつも当店をご利用いただき、ありがとうございます。現在、新型コロナウイルス感染症による外出自粛によって、全国各地から注文が殺到しております。品切れの場合はご了承ください」。

写真=気軽に自宅で味わえます

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る