中華そば丸田屋 南紀白浜店 丸田屋の味をご自宅で

 今年3月16日、南紀白浜にオープンした中華そば丸田屋 南紀白浜店をご紹介。

 和歌山県北部に3店舗あり、今回の南紀白浜店が4店舗目となります。

 和歌山の老舗である「井出商店」で3年間修業したのち、開業した店主が試行錯誤を重ね続け、老若男女に親しまれるお店として19年間営んでいます。

 長時間炊き込んでも雑味が出ないよう、豚骨と鶏ガラを丁寧に下処理しています。

 また旨味・風味・コクを最大限に引き出すため、8時間以上強火でじっくり炊き込んだこだわりのスープに、秘伝の醤油ダレをブレンドした同店自慢の豚骨醤油スープです。

 麺は、香りはもちろん、歯ごたえ良し、喉越し良しの自家製麺を使用。人気の自家製チャーシューは、三元豚バラ肉を秘伝の醤油ダレでしっかりと味付けをし、じっくり炊き込んで仕上げています。

 見た目はこってり、味わえばあっさりの逸品をぜひご堪能ください。

 またそんな同店の味を自宅でも楽しめます。お店で食べるのとそっくりの味とクオリティで食べることができます。作るのが難しそうに思われがちですが、想像以上に簡単に調理できます。オフィシャルホームページで「簡単においしく作るコツ」動画を掲載しているので、参考にしてはいかがでしょう。

 テイクアウトラーメンは、店舗またはホームページで購入可能。

 「いつも当店をご利用いただき、ありがとうございます。現在、新型コロナウイルス感染症による外出自粛によって、全国各地から注文が殺到しております。品切れの場合はご了承ください」。

写真=気軽に自宅で味わえます

関連記事

フォトニュース

  1. 10日には発送します

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る