コロナ詐欺にご注意

 コロナ禍で国民1人当たり10万円の現金給付が決まり、心待ちにしている人も多いのではないだろうか。しかし、早くもそれに付け込んださまざまな手口の便乗詐欺が横行。総務省、警察庁、消費者庁、全国市区町村が一斉に注意を呼びかけている。

 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗した手口の詐欺事件(未遂含む)の被害は、警察庁のまとめで3月上旬以降4月27日までに全国で32件確認され、被害額は計約3117万円に上っている。だましや誘いの中でコロナウイルスなどの言葉が使われたり、マスクや消毒液の販売を名目にしたりした事件。国民への一律10万円の給付金を口実にキャッシュカードをだまし取る手口も目立つという。

 そのうち、自治体の職員らをかたる特殊詐欺は13件。給付金を巡る手口では自治体職員を名乗り、被害者宅を訪れた人物がキャッシュカードをだまし取る。このようにカードをだまし取ったり盗んだりした事件は8件あり、カードで引き出された額は最高約120万円だった。

 また、自営業者らを対象に「緊急特別貸付」をするとして、融資保証金名目で現金約43万円を振り込ませ、詐取。身内をかたる事件では、東京都内で兄を名乗った男に70代の女性が現金計1420万円をだまし取られた。このほか、マスクの販売をうたうインターネットのサイトで、申し込んで代金を振り込んだにもかかわらず、商品が届かない被害も多く、詐取額は1件あたり数千~数万円という。

 このような手口は警察庁ホームページに掲載されている。御坊署も「あわてるな!! まず相談」と注意を呼びかけるチラシを作って啓発。火事場泥棒ならぬ、「火事場詐欺」に気を付けよう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る