カナセが医療福祉施設にアクリル板寄贈

 新型コロナウイルスの感染予防に役立ててもらおうと、ボタンやアクリル製造の㈱カナセ(田辺市、金谷清道社長)が県にアクリル板230枚を寄贈。13日には金谷社長が田辺市の西牟婁振興局を訪ね、新谷幹雄局長に目録とアクリル板を手渡した。県内の介護や障害者施設80カ所に提供され、日高地方では御坊市の老人保健施設リバティ博愛と美浜町の和歌山病院に贈られる。

 カナセは1919年創業、100周年を迎えた老舗で、洋服のボタンやアクリルシート製造を手がけている。事業の中心のアクリル製造は、ディスプレー、看板、照明、水槽など幅広い用途で活用されており、新型コロナウイルスの感染拡大でさらに需要が高まり、4月からフル稼働で生産している。金谷社長は役所や事業所で飛沫感染防止のためビニールなどで応急対策しているのを目にし、「少しでも役に立ちたい」と県を通じて福祉施設へ贈ることにした。本社のある田辺市、工場がある上富田町にもすでに約40枚ずつ寄贈している。

 県では県内の施設から希望を募り、応募があった和歌山市から新宮市までの80施設すべてに1施設3枚以内で提供する。アクリル板は縦92㌢、横185㌢の大きさで、カウンターや食事テーブルなどで飛沫感染を防ぐために加工して使用される。

 金谷社長はアクリル板を加工したテーブル用の仕切り板と目録を新谷局長に手渡し、「普段からお世話になっている皆さんのためになればと寄贈させていただきました。飛沫感染防止への需要が高まっているので活用してもらえればうれしい」と話した。新谷局長は「県内では感染症対策で困っている事業所が多く、アクリル板の寄贈は本当にありがたい。県内各振興局を代表して受け取らせていただきます」と感謝した。

 この日、振興局に受け取りに来た田辺市社会福祉協議会在宅福祉課の古本和也課長は、「当社協では5事業所のうち4事業所に11枚いただきました。アクリルは耐久性があって非常に助かります。加工してカウンターなどに設置したい」と喜んでいた。

写真=アクリル製品を手に金谷社長㊨と新谷局長

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る