ようやくのスマホデビュー

 「スマホ」と呼ばれるスマートフォンの普及率は昨年11月現在でおよそ8割だという。長らく「特に不便はないから」とガラケーを使い続けていたが、今月ようやくスマホデビューを果たした。が、いまだその恩恵を十二分に享受しているとは言い難い◆機械類の扱いなど全部苦手なうえ、50の坂に差し掛かった辺りからなけなしの記憶力がさらに激減している。設定の仕方など操作方法がいちいちガラケーとは異なるので、メールを打つ、マナーモードに変えるなど何か操作をしたいと思うたびに誰かの教えを乞う羽目になる。うっかり変な所に触れて間違い電話をかけてしまい、慌てて切ろうとして画面を見てもどうすればいいのかとっさに分からず、相手が出てから「すみません、間違いました」と謝る、というのを2件やった。早朝の間違い電話も1件。申し訳ないことである◆最大の利点は、いつでもどこでも知りたいことを即座に検索できること。テレビを見ながらちょっとでも知らないことがあると検索し始め、その時飲んでいた飲料の商品名から昔見ていたテレビ番組までどんどん調べてしまう。コーヒー飲料のメーカーサンガリアが「国破れて山河あり」からとられたこと、「機動戦士ガンダム」のガンダムはチャールズ・ブロンソンが流行らせたCM「う~ん、マンダム」から名付けられたことなど、いろんな豆知識を目にすると楽しくて止まらない。時間を忘れて思いつくまま検索を繰り返し、画面に読みふけってしまう◆情報と知識はニュアンスが違う。氾濫する情報を的確に選び取り、自分の中で生かして自在に使える知識に変え、そして深い知恵を育てていく。そうできればいいが、当分は使い方さえままならない新たな機器に振り回されそうだ。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る