なれずしの「八ッ房」 今月末で閉店

 日高地方の秋祭りには欠かせないなれずしの専門店、御坊市湯川町丸山の紀州なれずし「八ッ房」が今月末で閉店する。ふるさと伝統の味を守り、お客さんに愛され45年余り。〝大将〟の津村孝房さん(78)が難病を患ったためで、惜しまれながら断腸の思いでのれんを下ろす。

 紀州なれずしの歴史は、有田地方に隠れ住んでいた平家の落人が、源氏の追討を受けたとき、慌てて炊き立てのご飯をおけに詰め、塩サバをのせて逃げた。山でそれを食べようとすると、すしになっていた――と伝えられているという。

 津村さんは日高町の農家で育ち、10月の秋祭り前になると、母がサバを10日間ほど塩漬けしてから、水にさらして塩を抜いて、ご飯と一緒に山で取ったアセの葉で巻き、四角い木桶に詰めて重しをした。10日後には発酵して酸味を醸し、「本なれ」が出来上がる。一方、「早なれ」は酢飯にサバを馴染ませるだけで発酵させない。

 津村さんは高校卒業後、板前になり、帰郷後1973年、薗の市役所近く、現在はこぶね幼稚園の位置に、なれずし専門店の「八ッ房」を開店。2002年に現在の国道沿いへ移転した。素材と味にこだわり続け、サバは地元をはじめ、適度な脂の国産を使用。特に「本なれ」は漬ける時間で味が変化し、客によって好みも異なるため、客の顔を思い浮かべながら作ってきた。

 〝御坊日高の祭りの味〟は、地元だけでなく、有田地方や和歌山市から、東京や九州の全国まで知られ、ファンを獲得。長年にわたって、和歌山市の近鉄百貨店や優良県産品のプレミア和歌山に並び、明治神宮にも何度も献上している。

 しかし、2015年夏、津村さんが難病のパーキンソン病を患い、だんだん体が思うように動かなくなってきた。経営には家族や従業員がいるが、「それぞれに役割があって一人でも欠けるとできない」と、今年3月に閉店を公表。貼り紙を出した。

 「『おいしいものをつくらなあかん』、それだけ。人それぞれ好みが違って難しく、皆さんの声を聞きながら勉強し、お客さんに育ててもらいました」と振り返り、「『おいしかったよ』が一番の喜び。お客さんのおかげでやってこられた。皆さんに愛され、本当にありがたい」。閉店を惜しむ声も聞かれ、「いつか大きな炎になるよう、種火だけでも残しておきたいのですが、病気には勝てません。長い間のご愛顧、本当に感謝します」と話した。

写真=店の前で「ありがとうございました」と津村さん

関連記事

フォトニュース

  1. 10日には発送します

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る