お茶の 八百香園 八十八夜 初摘み新茶が入荷!

 今年も八百香園に、お待ちかねの「八十八夜 初摘み新茶」が入荷しています。

 太陽の恵みをたっぷりと受け、生き生きと育てられた一芯二葉の新芽だけを一つ一つ丁寧に摘み取った「露地もの(ハウス栽培ではないもの)」で、一番茶ならではの爽やかさでフレッシュな風味と清々しさが最高の逸品。いましか味わえない本物の新茶です。ギフト用の包装も受け付けているので、ご相談ください。

 店主の三橋さんは「新茶が飲めるのはこの時季だけです! 味も香りも抜群ですよ。まだ新茶を飲んだことがない方は、この機会にぜひ味わってください。また、電話でご予約いただければ、ご来店の時間に合わせてご用意させていただきます。現在、1080円お買い上げごとに、『洗えるウレタン製マスク』を1枚プレゼントさせていただいております(なくなり次第終了)。気軽にお立ち寄りください」と話しています。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、平日は午後7時まで、土曜と祝日は午前10時から5時までの営業。

 フェイスブックでもお店の最新情報を配信しています。「お茶の八百香園」で検索してください。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る