いつもよりええのできたわ

 全国有数のスイカの産地として知られる印南町や御坊市で、人気の特産小玉「ひとりじめ7」の収穫、出荷がスタートした。

 印南町は7日から出荷がスタートした。スイカを作って60年近く、小玉栽培は約40年になるというベテラン塩田忠臣さん(76)=印南町印南=は、ハウスと露地を合わせて30㌃で栽培。ハウスで直径18㌢ほどに育ったスイカの収穫作業に汗を流している。

 今年は交配時期の4月上旬に朝晩の気温が低く、花粉の出る気温に達しなかったが、徹底した温度管理を行い、丹精込めて育てた。糖度は13度前後ととても甘く、「いつも以上にいいものができました」と笑顔をみせる。

 JA紀州によると、「ひとりじめ」系小玉スイカは甘くて皮が薄く、ジューシーなシャリ感が特長。生産者は約190戸(印南町100、御坊市90)、栽培面積はおよそ47㌶(印南町31、御坊市16)。収穫は7月上旬まで続き、今年は昨年よりやや多い18万ケース、1600㌧を関西はじめ名古屋、東京などに出荷を予定。3億6000万円の売り上げを目指しているという。

 地元では印南町のフレッシュマートやみなべ町のほんまもんふるさと産地直売所などで販売している。

写真=収穫したスイカを前に笑顔の塩田さん

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る