鳥好炉万館 紀州の風土を生かしたお酒

 鳥好炉万館では、「紀土」を種類豊富に取りそろえています。

 中でも好評なのは、「純米吟醸 にごりざけ」(クリーミーな口当たりで甘口タイプの活性にごり酒)「純米大吟醸 shibata’s be fresh」(杜氏の名を冠した生原酒。しぼりたてらしい若々しさが魅力です)。季節限定の「純米吟醸 春の薫風」(芳醇な香りがありつつも、若干の苦みが春を感じさせます)は、いまだけしか味わえないお酒です。

 このほか、「特別純米 カラクチキッド」(紀土らしい柔らかみと、辛口ながらも旨みのある味わい)「純米 あがらの酒」(あえての低精米だからこそ、旨みと甘みがたっぷりです)「純米大吟醸 山田五〇(やまだごじゅう)」(これが正統派紀土! 初めて飲む人にオススメです)「純米大吟醸 山田四〇(やまだよんじゅう)」(柔らかく優しいリッチなうまさで綺麗な吟醸香がなんとも繊細)があります。

 「無量山」も純米(お米のふくよかな香りがまろやかな旨みを演出)、純米吟醸(シルキーな飲み口で、あとからくる酸味と旨みが絶妙)、純米大吟醸(芳醇な香りと強めの酸が特徴で、飲み応え抜群!)をご用意。

 辛口からフルーティーなものまで幅広く用意しているので、女性にも人気だそうです。興味のある人はぜひお試しください。

写真=いろんな種類を取りそろえています

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る