買いだめ、ダメ

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日高地方のスーパーでも、納豆やヨーグルトが売れているようだ。ウイルス感染との関連性は、直接的に関係があるとは言えないそうだが、「免疫力を高める」として、健康にいい食材イメージがあるため、家庭での需要が高まっているとみられており、先輩記者も以前この欄に書いていた。

 一方、政府は発令した緊急事態宣言に関連し、消費者に対して買いだめや買い急ぎをしないよう呼びかけている。大手のスーパーやコンビニは原則営業を続け、また、農林水産省によると、冷凍食品やパスタ、即席麺で需要が多い状態が続いているものの、食品メーカーがフル生産で対応しており、供給が増えているほか、在庫も多く、食料品は十分な供給量を確保。このため店舗で品切れにならないよう、「食料品は必要な分だけ買う」、私たち消費者には落ち着いた行動が求められている。

 そんななか先日、日高川町の実家から旬の食材が届いた。いつも近所の方にいただくタケノコと両親が作るウスイエンドウ。季節の野菜と同様とてもありがたく、どちらも炊き込みご飯でおいしく食べた。食は健康の基本。なかでも「今が旬」と言われる食べ物には夏なら体を冷やし、冬なら温めるといったように、人間の体にうまく働きかけてくれるものがたくさんあると言われている。

 また、旬の食材を使うと、おいしさも格別。栄養価も高く、最近ではハウス栽培や養殖で、一年を通じて店頭に並ぶ食材が増えているが、本来の収穫時季にとれたものを食べるのは、体調を整えるためにも大切なことと聞く。いつでも手に入るものを、わざわざ買い占める必要はない。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 被害防止へともに頑張りましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る