目に見えないウイルスへの恐怖

 人間は目に見えないものに対して恐怖心を感じてしまう。単純な話だが、昼間よりも暗闇の方が不気味さを感じるし、怪談が夜の方が効果的なのはそのためだろう。また、自分が直面する将来の先行きが分からない時にも不安を感じる。

 いま、世界中で蔓延している新型コロナウイルスも目に見えない敵。どこにウイルスが存在し、どこが安全な場所のかも分りづらい。潜伏期間中は非感染者と見分けが付かないし、症状が出ない感染者もいるというからたちが悪い。いつごろ終息するのかも見通しが立たず、一層不安を掻き立てられる。それは9年前の福島第一原発で、目に見えない放射能と戦った時と同じようにも感じる。

 最近では有名人の感染が後を絶たない。亡くなったタレントの志村けんさん、日本サッカー協会の田嶋幸三会長、阪神の藤浪晋太郎選手らも感染した。耳にしたことのある人が感染すると、ウイルスの蔓延を実感させられてしまう。

 先日に発覚した森三中の黒沢かずこさんは体調の不振から感染を疑ったが、2週間、PCR検査を受けることができなかったという。現状ではPCR検査を受けるにはハードルが高く、在日アメリカ大使館も「幅広く検査をしないという日本政府の決定で、有病率を正確に把握することが困難になっている」と指摘。日本に滞在するアメリカ国民に対して帰国を強く促す文書をホームページ上に掲載したこともあった。

 マスク着用などの感染予防の徹底を訴える半面、検査の遅れは感染者の増加につながりかねない。検査こそがウイルスを目に見える敵に変えるといえる唯一の方法で、早期の発見につながるのではないか。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る