日高町商工会 コロナで町に救済要望

 日高町商工会(山田理司会長)は21日、新型コロナウイルス感染症拡大による影響に対し、松本秀司町長に救済措置の検討を求める要望書を提出。松本町長は小規模事業者経営改善資金(新型コロナウイルス対策マル経融資)を受けた事業所に対し、実質無利子となる返済終了(初め3年間は国の特別利子補給制度)までの利子補給を約束した。

 山田会長、中村昭、清水和人の両副会長らが役場を訪問。山田会長が「新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言発出や外出自粛措置に伴い、町内でも中小企業、小規模事業者は業種に関係なく売り上げが激減するなど影響が及んでいます。先行きの見えない、また、このような状態が長期化することが予想される中、今後の経営計画も立てることができず、業種によっては休業を含め、従業員の解雇も視野に入れるなど深刻な状況にあります」「小規模事業者等が地域に果たす重要性をご理解いただき、新型コロナウイルス感染症拡大による影響に対し、町当局の特段の救済措置をご検討くださいますよう切に要望します」と要望書を読み上げた。

 小規模事業者経営改善資金は、日本政策金融公庫の国民生活事業で、商工会議所や商工会の会員らを対象にした無担保・無保証人の融資制度(利息1・21%)で、新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、最近1カ月の売上高が前年または前々年同期と比較して5%以上減少している事業者に対し、1000万円を限度融資額に別枠の新型コロナウイルス対策マル経融資として拡充。運転資金で7年以内、設備資金で10年以内となっている返済期間で、国の特別利子補給制度がない4年目以降について町が利子補給していく。

 松本町長は「新型コロナウイルス感染症の影響によって売り上げが激減し、今後の事業継続が困難になる事業所も出てくると思われる。何とか今後も事業を持続していってもらうため、町として以前から行っている日高町小企業資金利子補給金制度を一層手厚いものとし、この制度を十分活用いただいて今回の局面を町と町内の小規模事業者が力を合わせて乗り越えていければと思う」と回答。山田会長は「今後も第2弾、第3弾の検討よろしくお願いします」と述べた。

写真=松本町長に要望書を手渡す山田会長

関連記事

フォトニュース

  1. 自転車の鍵かけ忘れずに!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る