新由良町長山名さん 激戦から一夜明け決意

 同じ元議員の新人2人が激しく競り合った由良町長選を僅差で制し、初当選を決めた山名実氏(63)=吹井=は投開票から一夜明けた27日朝、本紙の取材に応じた。選挙管理委員会から付与された当選証書に、「重責を担う覚悟を新たにした」と気を引き締め、素早い対策と対応が求められる新型コロナウイルスについては「町の産業も大きな被害を受けている。まずはそこから取り組んでいきたい」と述べた。初登庁は5月19日。

 26日は当選が決まったあと、午前0時に帰宅し、スマホのSNSを通じて届いた多くの祝福メールに2時間かけて返信。3時ごろにようやく床に就いたが、いつもと同じ6時には起きて、日課の犬の散歩に出かけた。自宅には朝からお祝いの来客が絶えず、二人三脚で選挙を戦った妻幸子さん(61)とともに激戦の疲れも見せず笑顔で対応した。

 今回は新人3人が立候補したが、実質的には同じ元町議会議員の馬場博文氏(56)との一騎打ち。1902票対1691票という僅差の結果には、「選挙期間中は公約を伝えることに精いっぱいで、票の手ごたえは分からなかった。馬場さんも町をよくしていきたいという気持ちは同じ。彼に負けないように頑張りたい」と語った。

 公約には「若人が集う住みやすい町づくり」など挙げた。新町長の第一の仕事としては「コロナウイルスで大きな打撃を受けた町の観光産業をいかに立て直すか。まずはそこから取り組みたい」とし、さらに「選挙運動を通じていろんな方からお話を聞き、農家の鳥獣害対策や子育て支援など取り組むべき課題の多さをひしひしと肌で感じた。ふるさと納税を積極的にPRし、財源の確保などにつなげたい」という。

 行財政運営については「住民との対話を重視し、いま何を求められ、何をしなければならないのかを常に考えながら進めていく。職員と知恵を絞り、議会と一緒になってまちづくりを進めていきたい」とし、町民には「私を信じて一票を投じてくれた。全力でご奉公していきます」と力を込めた。

 今年で結婚38年目となる幸子さんも、「これまで以上に夫の体調管理をしっかり支えます」と笑顔をみせた。

写真=妻の幸子さんと選挙戦を振り返りながら決意を新たにする山名氏

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る