新しい一年の始まりに

 9日に長女の小学校の入学式に出席したのだが、やはり新型コロナウイルス感染拡大への対応がしっかりとられていた。新入生、保護者の椅子の間隔は十分に開けられ、式も来賓の出席、祝辞などはなく時間を短縮。終了後にはいろんな手続きの説明をしてもらったが、ほぼ配布物の確認のみ。人が集まる時間は1時間以内とされているようで、少しせわしない娘の小学生初日となった。

 取材に行った学校の入学式では、入り口で手のアルコール消毒をするのはもちろん、普通なら国歌斉唱のところが「国歌演奏」に変更されていた。知り合いに聞いた話では新入生の名前が一人一人呼ばれるときの返事が禁止され、いつもより静かに行われたところもあったという。命にかかわることなので感染防止対策は万全の上に万全を期した方がいいに決まっている。ちょっと大げさなどとは決して思わず、素直に理解を示したい。

 学校では、みんなが新しい一年の始まりを迎える。未知のウイルスの影響はいつまで続くのか全く分からず、学校運営も最新の情報に即応しながら手探り状態で、これまでにないやり方で進めていくしかない。最悪、子どもたちが楽しみにしている運動会や遠足、修学旅行が中止の場合も予想されるが、その時々でベターな道を選択、判断していくしか仕方がないだろう。

 言い古されたことだが「ピンチはチャンス」。こういう経験は一生に一度あるかどうかの大事であるのは間違いない。子どもたちも中学生、高校生くらいになれば万一のときに社会の一員として自分に何ができるかを考える機会になり、この体験は無駄にならないはず。何事も前向きにとらえていこう。(賀)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る